万葉集3357番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3357番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3357番について

歌番号

3357番

原文

可須美為流|布時能夜麻備尓|和我伎奈婆|伊豆知武吉弖加|伊毛我奈氣可牟

訓読

霞居る富士の山びに我が来なばいづち向きてか妹が嘆かむ

かな読み

かすみゐる|ふじのやまびに|わがきなば|いづちむきてか|いもがなげかむ

カタカナ読み

カスミヰル|フジノヤマビニ|ワガキナバ|イヅチムキテカ|イモガナゲカム

ローマ字読み|大文字

KASUMIIRU|FUJINOYAMABINI|WAGAKINABA|IZUCHIMUKITEKA|IMOGANAGEKAMU

ローマ字読み|小文字

kasumiiru|fujinoyamabini|wagakinaba|izuchimukiteka|imoganagekamu

左注|左註

右五首駿河國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|静岡県|富士山|地名|恋情|別離|後朝

校異

特に無し

寛永版本

かすみゐる[寛],
ふじのやまびに,[寛]ふしのやまへに,
わがきなば,[寛]わかきなは,
いづちむきてか,[寛]いつちむきてか,
いもがなげかむ,[寛]いもかなけかむ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました