万葉集3007番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3007番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3007番について

歌番号

3007番

原文

野干玉|夜渡月之|清者|吉見而申尾|君之光儀乎

訓読

ぬばたまの夜渡る月のさやけくはよく見てましを君が姿を

かな読み

ぬばたまの|よわたるつきの|さやけくは|よくみてましを|きみがすがたを

カタカナ読み

ヌバタマノ|ヨワタルツキノ|サヤケクハ|ヨクミテマシヲ|キミガスガタヲ

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|YOWATARUTSUKINO|SAYAKEKUHA|YOKUMITEMASHIO|KIMIGASUGATAO

ローマ字読み|小文字

nubatamano|yowatarutsukino|sayakekuha|yokumitemashio|kimigasugatao

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情|後朝|女歌

校異

特に無し

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よわたるつきの[寛],
さやけくは[寛],
よくみてましを[寛],
きみがすがたを,[寛]きみかすかたを,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました