万葉集3095番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3095番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3095番について

歌番号

3095番

原文

朝烏|早勿鳴|吾背子之|旦開之容儀|見者悲毛

訓読

朝烏早くな鳴きそ我が背子が朝明の姿見れば悲しも

かな読み

あさがらす|はやくななきそ|わがせこが|あさけのすがた|みればかなしも

カタカナ読み

アサガラス|ハヤクナナキソ|ワガセコガ|アサケノスガタ|ミレバカナシモ

ローマ字読み|大文字

ASAGARASU|HAYAKUNANAKISO|WAGASEKOGA|ASAKENOSUGATA|MIREBAKANASHIMO

ローマ字読み|小文字

asagarasu|hayakunanakiso|wagasekoga|asakenosugata|mirebakanashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

動物|女歌|後朝

校異

特に無し

寛永版本

あさがらす,[寛]あさからす,
はやくななきそ[寛],
わがせこが,[寛]わかせこか,
あさけのすがた,[寛]あさけのすかた,
みればかなしも,[寛]みれはかなしも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました