万葉集2563番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2563番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2563番について

歌番号

2563番

原文

他眼守|君之随尓|余共尓|夙興乍|裳<裾>所沾

訓読

人目守る君がまにまに我れさへに早く起きつつ裳の裾濡れぬ

かな読み

ひとめもる|きみがまにまに|われさへに|はやくおきつつ|ものすそぬれぬ

カタカナ読み

ヒトメモル|キミガマニマニ|ワレサヘニ|ハヤクオキツツ|モノスソヌレヌ

ローマ字読み|大文字

HITOMEMORU|KIMIGAMANIMANI|WARESAHENI|HAYAKUOKITSUTSU|MONOSUSONURENU

ローマ字読み|小文字

hitomemoru|kimigamanimani|waresaheni|hayakuokitsutsu|monosusonurenu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|女歌|後朝

校異

裙->裾【嘉】【文】【紀】

寛永版本

ひとめもる[寛],
きみがまにまに,[寛]きみかまにまに,
われさへに,[寛]われともに,
はやくおきつつ,[寛]つとにおきつつ,
ものすそぬれぬ[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました