万葉集2973番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2973番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2973番について

歌番号

2973番

原文

真玉就|越乞兼而|結鶴|言下紐之|<所>解日有米也

訓読

真玉つくをちこち兼ねて結びつる我が下紐の解くる日あらめや

かな読み

またまつく|をちこちかねて|むすびつる|わがしたびもの|とくるひあらめや

カタカナ読み

マタマツク|ヲチコチカネテ|ムスビツル|ワガシタビモノ|トクルヒアラメヤ

ローマ字読み|大文字

MATAMATSUKU|OCHIKOCHIKANETE|MUSUBITSURU|WAGASHITABIMONO|TOKURUHIARAMEYA

ローマ字読み|小文字

matamatsuku|ochikochikanete|musubitsuru|wagashitabimono|tokuruhiarameya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋愛|後朝|紐

校異

之【西(朱書消去)】|->所【西(朱筆右書)】【元】【類】【古】

寛永版本

またまつく[寛],
をちこちかねて[寛],
むすびつる,[寛]むすひつる,
わがしたびもの,[寛]わかしたひもの,
とくるひあらめや[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました