万葉集4233番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4233番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4233番について

歌番号

4233番

原文

打羽振|鶏者鳴等母|如此許|零敷雪尓|君伊麻左米也母

訓読

うち羽振き鶏は鳴くともかくばかり降り敷く雪に君いまさめやも

かな読み

うちはぶき|とりはなくとも|かくばかり|ふりしくゆきに|きみいまさめやも

カタカナ読み

ウチハブキ|トリハナクトモ|カクバカリ|フリシクユキニ|キミイマサメヤモ

ローマ字読み|大文字

UCHIHABUKI|TORIHANAKUTOMO|KAKUBAKARI|FURISHIKUYUKINI|KIMIIMASAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

uchihabuki|torihanakutomo|kakubakari|furishikuyukini|kimiimasameyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝3年1月3日年紀|動物|宴席|挨拶|引翮留姤|後朝|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

うちはぶき,[寛]うちはふり,
とりはなくとも[寛],
かくばかり,[寛]かくはかり,
ふりしくゆきに[寛],
きみいまさめやも[寛],

巻数

第19巻

作者

内蔵縄麻呂

タイトルとURLをコピーしました