万葉集2841番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2841番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2841番について

歌番号

2841番

原文

我背子之|朝明形|吉不見|今日間|戀暮鴨

訓読

我が背子が朝明の姿よく見ずて今日の間を恋ひ暮らすかも

かな読み

わがせこが|あさけのすがた|よくみずて|けふのあひだを|こひくらすかも

カタカナ読み

ワガセコガ|アサケノスガタ|ヨクミズテ|ケフノアヒダヲ|コヒクラスカモ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOGA|ASAKENOSUGATA|YOKUMIZUTE|KEFUNOAHIDAO|KOHIKURASUKAMO

ローマ字読み|小文字

wagasekoga|asakenosugata|yokumizute|kefunoahidao|kohikurasukamo

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|女歌|恋情|後朝

校異

特に無し

寛永版本

わがせこが,[寛]わかせこか,
あさけのすがた,[寛]あさけのすかた,
よくみずて,[寛]よくみすて,
けふのあひだを,[寛]けふのあひたを,
こひくらすかも[寛],

巻数

第12巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました