古歌集が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1265番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1265番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1265番について歌番号1265番原文今年去|新嶋守之|麻衣|肩乃間乱者|取見訓読今年行く新防人が麻衣肩のまよひは誰れか取り見むかな読みことしゆく|にひさきも...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1266番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1266番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1266番について歌番号1266番原文大舟乎|荒海尓榜出|八船多氣|吾見之兒等之|目見者知之母訓読大船を荒海に漕ぎ出でや船たけ我が見し子らがまみはしるしもかな...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1251番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1251番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1251番について歌番号1251番原文佐保河尓|鳴成智鳥|何師鴨|川原乎思努比|益河上訓読佐保川に鳴くなる千鳥何しかも川原を偲ひいや川上るかな読みさほがはに|...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1267番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1267番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1267番について歌番号1267番原文百師木乃|大宮人之|踏跡所|奥浪|来不依有勢婆|不失有麻思乎訓読ももしきの大宮人の踏みし跡ところ沖つ波来寄らずありせば失...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1252番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1252番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1252番について歌番号1252番原文人社者|意保尓毛言目|我幾許|師努布川原乎|標緒勿謹訓読人こそばおほにも言はめ我がここだ偲ふ川原を標結ふなゆめかな読みひ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1270番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1270番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1270番について歌番号1270番原文隠口乃|泊瀬之山丹|照月者|盈ち為焉|人之常無訓読こもりくの泊瀬の山に照る月は満ち欠けしけり人の常なきかな読みこもりくの...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1253番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1253番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1253番について歌番号1253番原文神樂浪之|思我津乃白水郎者|吾無二|潜者莫為|浪雖不立訓読楽浪の志賀津の海人は我れなしに潜きはなせそ波立たずともかな読み...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1254番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1254番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1254番について歌番号1254番原文大船尓|梶之母有奈牟|君無尓|潜為八方|波雖不起訓読大船に楫しもあらなむ君なしに潜きせめやも波立たずともかな読みおほぶね...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1255番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1255番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1255番について歌番号1255番原文月草尓|衣曽染流|君之為|綵色衣|将摺跡念而訓読月草に衣ぞ染むる君がため斑の衣摺らむと思ひてかな読みつきくさに|ころもぞ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1256番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1256番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1256番について歌番号1256番原文春霞|井上直尓|道者雖有|君尓将相登|他廻来毛訓読春霞井の上ゆ直に道はあれど君に逢はむとた廻り来もかな読みはるかすみ|ゐ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1257番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1257番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1257番について歌番号1257番原文道邊之|草深由利乃|花咲尓|咲之柄二|妻常可云也訓読道の辺の草深百合の花笑みに笑みしがからに妻と言ふべしやかな読みみちの...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1258番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1258番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1258番について歌番号1258番原文黙然不有跡|事之名種尓|云言乎|聞知良久波|少可者有来訓読黙あらじと言のなぐさに言ふことを聞き知れらくは悪しくはありけり...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1259番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1259番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1259番について歌番号1259番原文佐伯山|于花以之|哀我|鴛取而者|花散鞆訓読佐伯山卯の花持ちし愛しきが手をし取りてば花は散るともかな読みさへきやま|うの...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1260番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1260番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1260番について歌番号1260番原文不時|斑衣|服欲香|針原|時二不有鞆訓読時ならぬ斑の衣着欲しきか島の榛原時にあらねどもかな読みときならぬ|まだらのころも...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1261番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1261番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1261番について歌番号1261番原文山守之|里邊通|山道曽|茂成来|忘来下訓読山守の里へ通ひし山道ぞ茂くなりける忘れけらしもかな読みやまもりの|さとへかよひ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1262番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1262番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1262番について歌番号1262番原文足病之|山海石榴開|八越|鹿待君之|伊波比嬬可聞訓読あしひきの山椿咲く八つ峰越え鹿待つ君が斎ひ妻かもかな読みあしひきの|...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1263番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1263番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1263番について歌番号1263番原文暁跡|夜烏雖鳴|此山上之|木末之於者|未静之訓読暁と夜烏鳴けどこの岡の木末の上はいまだ静けしかな読みあかときと|よがらす...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1264番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1264番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1264番について歌番号1264番原文西市尓|但獨出而|眼不並|買師絹之|商自許里鴨訓読西の市にただ独り出でて目並べず買ひてし絹の商じこりかもかな読みにしのい...
タイトルとURLをコピーしました