万葉集1270番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1270番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1270番について

歌番号

1270番

原文

隠口乃|泊瀬之山丹|照月者|盈ち為焉|人之常無

訓読

こもりくの泊瀬の山に照る月は満ち欠けしけり人の常なき

かな読み

こもりくの|はつせのやまに|てるつきは|みちかけしけり|ひとのつねなき

カタカナ読み

コモリクノ|ハツセノヤマニ|テルツキハ|ミチカケシケリ|ヒトノツネナキ

ローマ字読み|大文字

KOMORIKUNO|HATSUSENOYAMANI|TERUTSUKIHA|MICHIKAKESHIKERI|HITONOTSUNENAKI

ローマ字読み|小文字

komorikuno|hatsusenoyamani|terutsukiha|michikakeshikeri|hitonotsunenaki

左注|左註

右一首古歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|無常|奈良|枕詞|地名

校異

特に無し

寛永版本

こもりくの[寛],
はつせのやまに[寛],
てるつきは[寛],
みちかけしけり,[寛]みちかけしてそ,
ひとのつねなき[寛],

巻数

第7巻

作者

古歌集

タイトルとURLをコピーしました