万葉集1263番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1263番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1263番について

歌番号

1263番

原文

暁跡|夜烏雖鳴|此山上之|木末之於者|未静之

訓読

暁と夜烏鳴けどこの岡の木末の上はいまだ静けし

かな読み

あかときと|よがらすなけど|このをかの|こぬれのうへは|いまだしづけし

カタカナ読み

アカトキト|ヨガラスナケド|コノヲカノ|コヌレノウヘハ|イマダシヅケシ

ローマ字読み|大文字

AKATOKITO|YOGARASUNAKEDO|KONOKANO|KONURENOHEHA|IMADASHIZUKESHI

ローマ字読み|小文字

akatokito|yogarasunakedo|konokano|konurenoheha|imadashizukeshi

左注|左註

右十七首古歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|恋愛歌|動物

校異

特に無し

寛永版本

あかときと,[寛]あかつきと,
よがらすなけど,[寛]よからすなけと,
このをかの[寛],
こぬれのうへは,[寛]こすゆのうへは,
いまだしづけし,[寛]いまたしつけし,

巻数

第7巻

作者

古歌集

タイトルとURLをコピーしました