万葉集1264番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1264番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1264番について

歌番号

1264番

原文

西市尓|但獨出而|眼不並|買師絹之|商自許里鴨

訓読

西の市にただ独り出でて目並べず買ひてし絹の商じこりかも

かな読み

にしのいちに|ただひとりいでて|めならべず|かひてしきぬの|あきじこりかも

カタカナ読み

ニシノイチニ|タダヒトリイデテ|メナラベズ|カヒテシキヌノ|アキジコリカモ

ローマ字読み|大文字

NISHINOICHINI|TADAHITORIIDETE|MENARABEZU|KAHITESHIKINUNO|AKIJIKORIKAMO

ローマ字読み|小文字

nishinoichini|tadahitoriidete|menarabezu|kahiteshikinuno|akijikorikamo

左注|左註

右十七首古歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|譬喩|歌垣|恋愛|奈良|地名

校異

特に無し

寛永版本

にしのいちに[寛],
ただひとりいでて,[寛]たたひとりいてて,
めならべず,[寛]めならはす,
かひてしきぬの,[寛]かへりしきぬの,
あきじこりかも,[寛]あきしこりかも,

巻数

第7巻

作者

古歌集

タイトルとURLをコピーしました