万葉集1257番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1257番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1257番について

歌番号

1257番

原文

道邊之|草深由利乃|花咲尓|咲之柄二|妻常可云也

訓読

道の辺の草深百合の花笑みに笑みしがからに妻と言ふべしや

かな読み

みちのへの|くさふかゆりの|はなゑみに|ゑみしがからに|つまといふべしや

カタカナ読み

ミチノヘノ|クサフカユリノ|ハナヱミニ|ヱミシガカラニ|ツマトイフベシヤ

ローマ字読み|大文字

MICHINOHENO|KUSAFUKAYURINO|HANAEMINI|EMISHIGAKARANI|TSUMATOIFUBESHIYA

ローマ字読み|小文字

michinoheno|kusafukayurino|hanaemini|emishigakarani|tsumatoifubeshiya

左注|左註

右十七首古歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|臨時

校異

特に無し

寛永版本

みちのへの[寛],
くさふかゆりの[寛],
はなゑみに[寛],
ゑみしがからに,[寛]ゑみせしからに,
つまといふべしや,[寛]つまといふへしや,

巻数

第7巻

作者

古歌集

タイトルとURLをコピーしました