万葉集1262番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1262番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1262番について

歌番号

1262番

原文

足病之|山海石榴開|八<峯>越|鹿待君之|伊波比嬬可聞

訓読

あしひきの山椿咲く八つ峰越え鹿待つ君が斎ひ妻かも

かな読み

あしひきの|やまつばきさく|やつをこえ|ししまつきみが|いはひつまかも

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマツバキサク|ヤツヲコエ|シシマツキミガ|イハヒツマカモ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMATSUBAKISAKU|YATSUOKOE|SHISHIMATSUKIMIGA|IHAHITSUMAKAMO

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamatsubakisaku|yatsuokoe|shishimatsukimiga|ihahitsumakamo

左注|左註

右十七首古歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|怨恨|恋愛|動物|枕詞|比喩

校異

岑->峯【類】【古】【紀】|【元】【紀】1263嬥次捄配列

寛永版本

あしひきの[寛],
やまつばきさく,[寛]やまつはきさく,
やつをこえ,[寛]やつをこに,
ししまつきみが,[寛]しかまつきみか,
いはひつまかも[寛],

巻数

第7巻

作者

古歌集

タイトルとURLをコピーしました