万葉集1252番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1252番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1252番について

歌番号

1252番

原文

人社者|意保尓毛言目|我幾許|師努布川原乎|標緒勿謹

訓読

人こそばおほにも言はめ我がここだ偲ふ川原を標結ふなゆめ

かな読み

ひとこそば|おほにもいはめ|わがここだ|しのふかはらを|しめゆふなゆめ

カタカナ読み

ヒトコソバ|オホニモイハメ|ワガココダ|シノフカハラヲ|シメユフナユメ

ローマ字読み|大文字

HITOKOSOBA|OHONIMOIHAME|WAGAKOKODA|SHINOFUKAHARAO|SHIMEYUFUNAYUME

ローマ字読み|小文字

hitokosoba|ohonimoihame|wagakokoda|shinofukaharao|shimeyufunayume

左注|左註

右二首詠鳥右十七首古歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|問答|伝誦|寓意

校異

特に無し

寛永版本

ひとこそば,[寛]ひとこそは,
おほにもいはめ[寛],
わがここだ,[寛]わかここた,
しのふかはらを[寛],
しめゆふなゆめ[寛],

巻数

第7巻

作者

古歌集

タイトルとURLをコピーしました