万葉集1255番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1255番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1255番について

歌番号

1255番

原文

月草尓|衣曽染流|君之為|綵色衣|将摺跡念而

訓読

月草に衣ぞ染むる君がため斑の衣摺らむと思ひて

かな読み

つきくさに|ころもぞそむる|きみがため|まだらのころも|すらむとおもひて

カタカナ読み

ツキクサニ|コロモゾソムル|キミガタメ|マダラノコロモ|スラムトオモヒテ

ローマ字読み|大文字

TSUKIKUSANI|KOROMOZOSOMURU|KIMIGATAME|MADARANOKOROMO|SURAMUTOMOHITE

ローマ字読み|小文字

tsukikusani|koromozosomuru|kimigatame|madaranokoromo|suramutomohite

左注|左註

右十七首古歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|臨時|恋歌|植物|女歌

校異

綵【元】【類】深

寛永版本

つきくさに[寛],
ころもぞそむる,[寛]ころもそそむる,
きみがため,[寛]きみかため,
まだらのころも,[寛]いろとるころも,
すらむとおもひて[寛],

巻数

第7巻

作者

古歌集

タイトルとURLをコピーしました