万葉集1266番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1266番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1266番について

歌番号

1266番

原文

大舟乎|荒海尓榜出|八船多氣|吾見之兒等之|目見者知之母

訓読

大船を荒海に漕ぎ出でや船たけ我が見し子らがまみはしるしも

かな読み

おほぶねを|あるみにこぎで|やふねたけ|わがみしこらが|まみはしるしも

カタカナ読み

オホブネヲ|アルミニコギデ|ヤフネタケ|ワガミシコラガ|マミハシルシモ

ローマ字読み|大文字

OHOBUNEO|ARUMINIKOGIDE|YAFUNETAKE|WAGAMISHIKORAGA|MAMIHASHIRUSHIMO

ローマ字読み|小文字

ohobuneo|aruminikogide|yafunetake|wagamishikoraga|mamihashirushimo

左注|左註

右十七首古歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|防人|望郷|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

おほぶねを,[寛]おほふねを,
あるみにこぎで,[寛]あるみにこきいて,
やふねたけ,[寛]やふねたき,
わがみしこらが,[寛]わかみしこらか,
まみはしるしも,[寛]めみはしるしも,

巻数

第7巻

作者

古歌集

タイトルとURLをコピーしました