万葉集1265番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1265番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1265番について

歌番号

1265番

原文

今年去|新嶋守之|麻衣|肩乃間乱者|<誰>取見

訓読

今年行く新防人が麻衣肩のまよひは誰れか取り見む

かな読み

ことしゆく|にひさきもりが|あさごろも|かたのまよひは|たれかとりみむ

カタカナ読み

コトシユク|ニヒサキモリガ|アサゴロモ|カタノマヨヒハ|タレカトリミム

ローマ字読み|大文字

KOTOSHIYUKU|NIHISAKIMORIGA|ASAGOROMO|KATANOMAYOHIHA|TAREKATORIMIMU

ローマ字読み|小文字

kotoshiyuku|nihisakimoriga|asagoromo|katanomayohiha|tarekatorimimu

左注|左註

右十七首古歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|防人|恋愛|妻|羈旅

校異

許誰->誰【元】

寛永版本

ことしゆく[寛],
にひさきもりが,[寛]にひさきもりか,
あさごろも,[寛]あさころも,
かたのまよひは[寛],
たれかとりみむ[寛],

巻数

第7巻

作者

古歌集

タイトルとURLをコピーしました