万葉集1251番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1251番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1251番について

歌番号

1251番

原文

佐保河尓|鳴成智鳥|何師鴨|川原乎思努比|益河上

訓読

佐保川に鳴くなる千鳥何しかも川原を偲ひいや川上る

かな読み

さほがはに|なくなるちどり|なにしかも|かはらをしのひ|いやかはのぼる

カタカナ読み

サホガハニ|ナクナルチドリ|ナニシカモ|カハラヲシノヒ|イヤカハノボル

ローマ字読み|大文字

SAHOGAHANI|NAKUNARUCHIDORI|NANISHIKAMO|KAHARAOSHINOHI|IYAKAHANOBORU

ローマ字読み|小文字

sahogahani|nakunaruchidori|nanishikamo|kaharaoshinohi|iyakahanoboru

左注|左註

右二首詠鳥右十七首古歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|問答|奈良|伝誦|寓意|地名|動物

校異

特に無し

寛永版本

さほがはに,[寛]さほかはに,
なくなるちどり,[寛]なくなるちとり,
なにしかも[寛],
かはらをしのひ[寛],
いやかはのぼる,[寛]いやかはのほる,

巻数

第7巻

作者

古歌集

タイトルとURLをコピーしました