万葉集1260番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1260番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1260番について

歌番号

1260番

原文

不時|斑衣|服欲香|<嶋>針原|時二不有鞆

訓読

時ならぬ斑の衣着欲しきか島の榛原時にあらねども

かな読み

ときならぬ|まだらのころも|きほしきか|しまのはりはら|ときにあらねども

カタカナ読み

トキナラヌ|マダラノコロモ|キホシキカ|シマノハリハラ|トキニアラネドモ

ローマ字読み|大文字

TOKINARANU|MADARANOKOROMO|KIHOSHIKIKA|SHIMANOHARIHARA|TOKINIARANEDOMO

ローマ字読み|小文字

tokinaranu|madaranokoromo|kihoshikika|shimanoharihara|tokiniaranedomo

左注|左註

右十七首古歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|臨時|飛鳥|植物|地名

校異

衣服->嶋【古】

寛永版本

ときならぬ[寛],
まだらのころも,[寛]またらころもの,
きほしきか[寛],
しまのはりはら,[寛]ころもはりはら,
ときにあらねども,[寛]ときにあらねとも,

巻数

第7巻

作者

古歌集

タイトルとURLをコピーしました