琵琶湖

万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3237番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3237番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3237番について歌番号3237番原文緑丹吉|平山過而|物部之|氏川渡|未通女等尓|相坂山丹|手向草|絲取置而|我妹子尓|相海之海之|奥浪|来因濱邊乎|久礼々々登|獨我来|妹...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3238番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3238番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3238番について歌番号3238番原文相坂乎|打出而見者|淡海之海|白木綿花尓|浪立渡訓読逢坂をうち出でて見れば近江の海白木綿花に波立ちわたるかな読みあふさかを|うちいでてみ...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3239番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3239番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3239番について歌番号3239番原文近江之海|泊八十有|八十嶋之|嶋之埼邪伎|安利立有|花橘乎|末枝尓|毛知引懸|仲枝尓|伊加流我懸|下枝尓|米乎懸|己之母乎|取久乎不知|...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2728番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2728番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2728番について歌番号2728番原文淡海之海|奥津嶋山|奥間經而|我念妹之|言繁訓読近江の海沖つ島山奥まへて我が思ふ妹が言の繁けくかな読みあふみのうみ|おきつしまやま|おく...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2439番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2439番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2439番について歌番号2439番原文淡海|奥嶋山|奥儲|吾念妹|事繁訓読近江の海沖つ島山奥まけて我が思ふ妹が言の繁けくかな読みあふみのうみ|おきつしまやま|おくまけて|あが...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2440番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2440番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2440番について歌番号2440番原文近江海|奥滂船|重下|蔵公之|事待吾序訓読近江の海沖漕ぐ舟のいかり下ろし隠りて君が言待つ我れぞかな読みあふみのうみ|おきこぐふねの|いか...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2445番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2445番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2445番について歌番号2445番原文淡海々|沈白玉|不知|従戀者|今益訓読近江の海沈く白玉知らずして恋ひせしよりは今こそまされかな読みあふみのうみ|しづくしらたま|しらずし...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2435番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2435番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2435番について歌番号2435番原文淡海々|奥白浪|雖不知|妹所云|七日越来訓読近江の海沖つ白波知らずとも妹がりといはば七日越え来むかな読みあふみのうみ|おきつしらなみ|し...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1715番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1715番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1715番について歌番号1715番原文樂之|平山風之|海吹者|釣為海人之|袂變所見訓読楽浪の比良山風の海吹けば釣りする海人の袖返る見ゆかな読みささなみの|ひら...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1718番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1718番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1718番について歌番号1718番原文足利思|榜行舟薄|高嶋之|足速之水門尓|極尓鴨訓読率ひて漕ぎ行く舟は高島の安曇の港に泊てにけむかもかな読みあどもひて|こ...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1732番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1732番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1732番について歌番号1732番原文母山|霞棚引|左夜深而|吾舟将泊|等万里不知母訓読大葉山霞たなびきさ夜更けて我が舟泊てむ泊り知らずもかな読みおほばやま|...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1733番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1733番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1733番について歌番号1733番原文思乍|雖来々不勝而|水尾埼|真長乃浦乎|又顧津訓読思ひつつ来れど来かねて三尾の崎真長の浦をまたかへり見つかな読みおもひつ...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1734番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1734番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1734番について歌番号1734番原文高嶋之|足利湖乎|滂過而|塩津菅浦|今将滂訓読高島の安曇の港を漕ぎ過ぎて塩津菅浦今か漕ぐらむかな読みたかしまの|あどのみ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1390番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1390番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1390番について歌番号1390番原文淡海之海|浪恐登|風守|年者也将經去|榜者無二訓読近江の海波畏みと風まもり年はや経なむ漕ぐとはなしにかな読みあふみのうみ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1398番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1398番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1398番について歌番号1398番原文神樂聲浪乃|四賀津之浦能|船乗尓|乗西意|常不所忘訓読楽浪の志賀津の浦の舟乗りに乗りにし心常忘らえずかな読みささなみの|...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集273番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集273番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集273番について歌番号273番原文礒前|榜手廻行者|近江海|八十之湊尓|鵠佐波二鳴|訓読磯の崎漕ぎ廻み行けば近江の海八十の港に鶴さはに鳴く|かな読みいそのさき|...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集274番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集274番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集274番について歌番号274番原文吾船者|枚乃湖尓|榜将泊|奥部莫避|左夜深去来訓読我が舟は比良の港に漕ぎ泊てむ沖へな離りさ夜更けにけりかな読みわがふねは|ひら...
タイトルとURLをコピーしました