万葉集2728番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2728番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2728番について

歌番号

2728番

原文

淡海之海|奥津嶋山|奥間經而|我念妹之|言繁<苦>

訓読

近江の海沖つ島山奥まへて我が思ふ妹が言の繁けく

かな読み

あふみのうみ|おきつしまやま|おくまへて|あがおもふいもが|ことのしげけく

カタカナ読み

アフミノウミ|オキツシマヤマ|オクマヘテ|アガオモフイモガ|コトノシゲケク

ローマ字読み|大文字

AFUMINOMI|OKITSUSHIMAYAMA|OKUMAHETE|AGAOMOFUIMOGA|KOTONOSHIGEKEKU

ローマ字読み|小文字

afuminomi|okitsushimayama|okumahete|agaomofuimoga|kotonoshigekeku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|琵琶湖|滋賀県|序詞|尫柜蹋|恋愛

校異

之海【嘉】【古】之|->苦【嘉】【類】【古】

寛永版本

あふみのうみ[寛],
おきつしまやま[寛],
おくまへて,[寛]おきまへて,
あがおもふいもが,[寛]わかおもふいもか,
ことのしげけく,[寛]ことのしけけむ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました