万葉集2445番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2445番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2445番について

歌番号

2445番

原文

淡海々|沈白玉|不知|従戀者|今益

訓読

近江の海沈く白玉知らずして恋ひせしよりは今こそまされ

かな読み

あふみのうみ|しづくしらたま|しらずして|こひせしよりは|いまこそまされ

カタカナ読み

アフミノウミ|シヅクシラタマ|シラズシテ|コヒセシヨリハ|イマコソマサレ

ローマ字読み|大文字

AFUMINOMI|SHIZUKUSHIRATAMA|SHIRAZUSHITE|KOHISESHIYORIHA|IMAKOSOMASARE

ローマ字読み|小文字

afuminomi|shizukushiratama|shirazushite|kohiseshiyoriha|imakosomasare

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|地名|琵琶湖|滋賀|恋情|序詞

校異

特に無し

寛永版本

あふみのうみ[寛],
しづくしらたま,[寛]しつくしらたま,
しらずして,[寛]しらすして,
こひせしよりは[寛],
いまこそまされ,[寛]いまそまされる,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました