万葉集1732番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1732番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1732番について

歌番号

1732番

原文

<祖>母山|霞棚引|左夜深而|吾舟将泊|等万里不知母

訓読

大葉山霞たなびきさ夜更けて我が舟泊てむ泊り知らずも

かな読み

おほばやま|かすみたなびき|さよふけて|わがふねはてむ|とまりしらずも

カタカナ読み

オホバヤマ|カスミタナビキ|サヨフケテ|ワガフネハテム|トマリシラズモ

ローマ字読み|大文字

OHOBAYAMA|KASUMITANABIKI|SAYOFUKETE|WAGAFUNEHATEMU|TOMARISHIRAZUMO

ローマ字読み|小文字

ohobayama|kasumitanabiki|sayofukete|wagafunehatemu|tomarishirazumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|滋賀県|琵琶湖|重出|羈旅|寂寥|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|->祖【万葉集略解】

寛永版本

おほばやま,[寛]おもやまに,
かすみたなびき,[寛]かすみたななき,
さよふけて[寛],
わがふねはてむ,[寛]わかふねはてむ,
とまりしらずも,[寛]とまりしらすも,

巻数

第9巻

作者

碁師

タイトルとURLをコピーしました