万葉集2439番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2439番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2439番について

歌番号

2439番

原文

淡海|奥嶋山|奥儲|吾念妹|事繁

訓読

近江の海沖つ島山奥まけて我が思ふ妹が言の繁けく

かな読み

あふみのうみ|おきつしまやま|おくまけて|あがおもふいもが|ことのしげけく

カタカナ読み

アフミノウミ|オキツシマヤマ|オクマケテ|アガオモフイモガ|コトノシゲケク

ローマ字読み|大文字

AFUMINOMI|OKITSUSHIMAYAMA|OKUMAKETE|AGAOMOFUIMOGA|KOTONOSHIGEKEKU

ローマ字読み|小文字

afuminomi|okitsushimayama|okumakete|agaomofuimoga|kotonoshigekeku

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|地名|琵琶湖|滋賀|序詞|恋情|尫柜蹋

校異

特に無し

寛永版本

あふみのうみ[寛],
おきつしまやま[寛],
おくまけて,[寛]おきまけて,
あがおもふいもが,[寛]わかおもふいもに,
ことのしげけく,[寛]ことのしけけむ,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました