万葉集1733番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1733番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1733番について

歌番号

1733番

原文

思乍|雖来々不勝而|水尾埼|真長乃浦乎|又顧津

訓読

思ひつつ来れど来かねて三尾の崎真長の浦をまたかへり見つ

かな読み

おもひつつ|くれどきかねて|みをのさき|まながのうらを|またかへりみつ

カタカナ読み

オモヒツツ|クレドキカネテ|ミヲノサキ|マナガノウラヲ|マタカヘリミツ

ローマ字読み|大文字

OMOHITSUTSU|KUREDOKIKANETE|MIONOSAKI|MANAGANORAO|MATAKAHERIMITSU

ローマ字読み|小文字

omohitsutsu|kuredokikanete|mionosaki|managanorao|matakaherimitsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|滋賀県|琵琶湖|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

おもひつつ[寛],
くれどきかねて,[寛]くれときかねて,
みをのさき,[寛]みをかさき,
まながのうらを,[寛]まなかのうらを,
またかへりみつ[寛],

巻数

第9巻

作者

碁師

タイトルとURLをコピーしました