推敲

スポンサーリンク
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4474番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4474番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4474番について歌番号4474番原文武良等里乃|安佐太知伊尓之|伎美我宇倍波|左夜加尓伎吉都|於毛比之其等久|訓読群鳥の朝立ち去にし君が上はさやかに聞きつ思ひしごとく|かな...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4281番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4281番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4281番について歌番号4281番原文白雪能|布里之久山乎|越由加牟|君乎曽母等奈|伊吉能乎尓念,伊伎能乎尓須流訓読白雪の降り敷く山を越え行かむ君をぞもとな息の緒に思ふ,息の...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4193番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4193番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4193番について歌番号4193番原文霍公鳥|鳴羽觸尓毛|落尓家利|盛過良志|藤奈美能花|訓読霍公鳥鳴く羽触れにも散りにけり盛り過ぐらし藤波の花|かな読みほととぎす|なくはぶ...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4145番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4145番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4145番について歌番号4145番原文春設而|如此歸等母|秋風尓|黄葉山乎|不来有米也|訓読春まけてかく帰るとも秋風にもみたむ山を越え来ざらめや|かな読みはるまけて|かくかへ...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4161番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4161番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4161番について歌番号4161番原文言等波奴|木尚春開|秋都氣婆|毛美知遅良久波|常乎奈美許曽|訓読言とはぬ木すら春咲き秋づけばもみち散らくは常をなみこそ|かな読みこととは...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4162番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4162番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4162番について歌番号4162番原文宇都世美能|常見者|世間尓|情都氣受弖|念日曽於保伎|訓読うつせみの常なき見れば世の中に心つけずて思ふ日ぞ多き|かな読みうつせみの|つね...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4105番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4105番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4105番について歌番号4105番原文思良多麻能|伊保都追度比乎|手尓牟須妣|於許世牟安麻波|牟賀思久母安流香|訓読白玉の五百つ集ひを手にむすびおこせむ海人はむがしくもあるか...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4057番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4057番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4057番について歌番号4057番原文多萬之賀受|伎美我久伊弖伊布|保里江尓波|多麻之伎美弖々|都藝弖可欲波牟|訓読玉敷かず君が悔いて言ふ堀江には玉敷き満てて継ぎて通はむ|か...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集4018番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4018番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4018番について歌番号4018番原文美奈刀可是|佐牟久布久良之|奈呉乃江尓|都麻欲可波之|多豆左波尓奈久|訓読港風寒く吹くらし奈呉の江に妻呼び交し鶴多に鳴く|かな読みみなと...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3995番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3995番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3995番について歌番号3995番原文多麻保許乃|美知尓伊泥多知|和可礼奈婆|見奴日佐麻祢美|孤悲思家武可母|訓読玉桙の道に出で立ち別れなば見ぬ日さまねみ恋しけむかも|かな読...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3823番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3823番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3823番について歌番号3823番原文橘之|光有長屋尓|吾率宿之|宇奈為放尓|髪擧都良武香訓読橘の照れる長屋に我が率ねし童女放髪に髪上げつらむかかな読みたちばなの|てれるなが...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1673番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1673番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1673番について歌番号1673番原文風莫乃|濱之白浪|徒|於斯依久流|見人無|訓読風莫の浜の白波いたづらにここに寄せ来る見る人なしに|かな読みかざなしの|は...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集869番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集869番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集869番について歌番号869番原文多良志比賣|可尾能美許等能|奈都良須等|美多々志世利斯|伊志遠多礼美吉|訓読足姫神の命の魚釣らすとみ立たしせりし石を誰れ見き|...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集167番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集167番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集167番について歌番号167番原文天地之||久堅之|天河原尓|八百萬|千萬神之|神集|々座而|神分|々之時尓|天照|日女之命||天乎婆|所知食登|葦原乃|水穂之...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集134番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集134番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集134番について歌番号134番原文石見尓有|高角山乃|木間従文|吾袂振乎|妹見監鴨訓読石見なる高角山の木の間ゆも我が袖振るを妹見けむかもかな読みいはみなる|たか...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集138番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集138番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集138番について歌番号138番原文石見之海|津乃浦乎無美|浦無跡|人社見良米|滷無跡|人社見良目|吉咲八師|浦者雖無|縦恵夜思|潟者雖無|勇魚取|海邊乎指而|柔...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集139番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集139番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集139番について歌番号139番原文石見之海|打歌山乃|木際従|吾振袖乎|妹将見香訓読石見の海打歌の山の木の間より我が振る袖を妹見つらむかかな読みいはみのうみ|う...
タイトルとURLをコピーしました