万葉集1673番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1673番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1673番について

歌番号

1673番

原文

風莫乃|濱之白浪|徒|於斯依久流|見人無|[一云|於斯依来藻]

訓読

風莫の浜の白波いたづらにここに寄せ来る見る人なしに|[一云|ここに寄せ来も]

かな読み

かざなしの|はまのしらなみ|いたづらに|ここによせくる|みるひとなしに|[ここによせくも]

カタカナ読み

カザナシノ|ハマノシラナミ|イタヅラニ|ココニヨセクル|ミルヒトナシニ|[ココニヨセクモ]

ローマ字読み|大文字

KAZANASHINO|HAMANOSHIRANAMI|ITAZURANI|KOKONIYOSEKURU|MIRUHITONASHINI|[KOKONIYOSEKUMO]

ローマ字読み|小文字

kazanashino|hamanoshiranami|itazurani|kokoniyosekuru|miruhitonashini|[kokoniyosekumo]

左注|左註

右一首山上<臣>憶良類聚歌林曰|長忌寸意吉麻呂應詔作此歌

事項|分類・ジャンル

雑歌|長意吉麻呂|持統天皇|文武天皇|行幸|羈旅|紀州|和歌山|地名|大宝1年10月年紀|異伝|推敲

校異

莫(塙)草|臣【西(上書訂正)】【藍】【壬】【紀】|歌林【西】謌林【西(訂正)】歌林|此歌【西】此謌【西(訂正)】此歌

寛永版本

かざなしの,[寛]かさなきの,
はまのしらなみ[寛],
いたづらに,[寛]いたつらに,
ここによせくる,[寛]ここによりくる,
みるひとなしに[寛],
[ここによせくも],[寛]ここによりくも,

巻数

第9巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました