万葉集4281番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4281番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4281番について

歌番号

4281番

原文

白雪能|布里之久山乎|越由加牟|君乎曽母等奈|伊吉能乎尓念,伊伎能乎尓須流

訓読

白雪の降り敷く山を越え行かむ君をぞもとな息の緒に思ふ,息の緒にする

かな読み

しらゆきの|ふりしくやまを|こえゆかむ|きみをぞもとな|いきのをにおもふ|いきのをにする

カタカナ読み

シラユキノ|フリシクヤマヲ|コエユカム|キミヲゾモトナ|イキノヲニオモフ|イキノヲニスル

ローマ字読み|大文字

SHIRAYUKINO|FURISHIKUYAMAO|KOEYUKAMU|KIMIOZOMOTONA|IKINONIOMOFU|IKINONISURU

ローマ字読み|小文字

shirayukino|furishikuyamao|koeyukamu|kimiozomotona|ikinoniomofu|ikinonisuru

左注|左註

左大臣換尾云|伊伎能乎尓須流|然猶喩曰|如前誦之也|右一首少納言大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平勝宝4年11月27日年紀|宴席|橘奈良麻呂|餞別|悲別|出発|羈旅|橘諸兄|推敲|添削

校異

特に無し

寛永版本

しらゆきの[寛],
ふりしくやまを[寛],
こえゆかむ[寛],
きみをぞもとな,[寛]きみをそもとな,
いきのをにおもふ[寛],
いきのをにする[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました