万葉集4474番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4474番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4474番について

歌番号

4474番

原文

武良等里乃|安佐太知伊尓之|伎美我宇倍波|左夜加尓伎吉都|於毛比之其等久|[一云|於毛比之母乃乎]

訓読

群鳥の朝立ち去にし君が上はさやかに聞きつ思ひしごとく|[一云|思ひしものを]

かな読み

むらどりの|あさだちいにし|きみがうへは|さやかにききつ|おもひしごとく|[おもひしものを]

カタカナ読み

ムラドリノ|アサダチイニシ|キミガウヘハ|サヤカニキキツ|オモヒシゴトク|[オモヒシモノヲ]

ローマ字読み|大文字

MURADORINO|ASADACHIINISHI|KIMIGAUHEHA|SAYAKANIKIKITSU|OMOHISHIGOTOKU|[OMOHISHIMONO]

ローマ字読み|小文字

muradorino|asadachiinishi|kimigauheha|sayakanikikitsu|omohishigotoku|[omohishimono]

左注|左註

右一首兵部少輔大伴宿祢家持後日追和出雲守山背王歌作之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝8年11月8日年紀|追和|山背王|推敲

校異

特に無し

寛永版本

むらどりの,[寛]むらとりの,
あさだちいにし,[寛]あさたちいにし,
きみがうへは,[寛]きみかうへは,
さやかにききつ[寛],
おもひしごとく,[寛]おもひしことく,
[おもひしものを][寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました