万葉集3823番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3823番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3823番について

歌番号

3823番

原文

橘之|光有長屋尓|吾率宿之|宇奈為放尓|髪擧都良武香

訓読

橘の照れる長屋に我が率ねし童女放髪に髪上げつらむか

かな読み

たちばなの|てれるながやに|わがゐねし|うなゐはなりに|かみあげつらむか

カタカナ読み

タチバナノ|テレルナガヤニ|ワガヰネシ|ウナヰハナリニ|カミアゲツラムカ

ローマ字読み|大文字

TACHIBANANO|TERERUNAGAYANI|WAGAINESHI|UNAIHANARINI|KAMIAGETSURAMUKA

ローマ字読み|小文字

tachibanano|tererunagayani|wagaineshi|unaihanarini|kamiagetsuramuka

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|推敲|異伝|伝承|宴席|転用|改作|恋愛|植物

校異

云->曰【尼】【類】【古】

寛永版本

たちばなの,[寛]たちはなの,
てれるながやに,[寛]てれるなかやに,
わがゐねし,[寛]わかゐねし,
うなゐはなりに[寛],
かみあげつらむか,[寛]かみあけつらむか,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました