万葉集3809番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3809番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3809番について

歌番号

3809番

原文

商變|領為跡之御法|有者許曽|吾下衣|反賜米

訓読

商返しめすとの御法あらばこそ我が下衣返し給はめ

かな読み

あきかへし|めすとのみのり|あらばこそ|あがしたごろも|かへしたまはめ

カタカナ読み

アキカヘシ|メストノミノリ|アラバコソ|アガシタゴロモ|カヘシタマハメ

ローマ字読み|大文字

AKIKAHESHI|MESUTONOMINORI|ARABAKOSO|AGASHITAGOROMO|KAHESHITAMAHAME

ローマ字読み|小文字

akikaheshi|mesutonominori|arabakoso|agashitagoromo|kaheshitamahame

左注|左註

右傳云|時有所幸娘子<也>[姓名未詳]|寵薄之後還賜寄物[俗云可多美]|於是娘子怨恨|聊作<斯>歌獻上

事項|分類・ジャンル

雑歌|歌物語|物語|伝承|女歌|怨恨|恋愛|失恋

校異

->也【尼】【類】【古】|->斯【尼】【類】

寛永版本

あきかへし,[寛]あきかはり,
めすとのみのり,[寛]しらすとのみのり,
あらばこそ,[寛]あらはこそ,
あがしたごろも,[寛]わかしたころも,
かへしたまはめ[寛],

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました