万葉集3856番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3856番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3856番について

歌番号

3856番

原文

波羅門乃|作有流小田乎|喫烏|<瞼>腫而|幡幢尓居

訓読

波羅門の作れる小田を食む烏瞼腫れて幡桙に居り

かな読み

ばらもにの|つくれるをだを|はむからす|まなぶたはれて|はたほこにをり

カタカナ読み

バラモニノ|ツクレルヲダヲ|ハムカラス|マナブタハレテ|ハタホコニヲリ

ローマ字読み|大文字

BARAMONINO|TSUKURERUODAO|HAMUKARASU|MANABUTAHARETE|HATAHOKONIORI

ローマ字読み|小文字

baramonino|tsukureruodao|hamukarasu|manabutaharete|hatahokoniori

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|物名|宴席|即興|動物

校異

サ->瞼【古】【紀】【矢】【京】

寛永版本

ばらもにの,[寛]はらもんの,
つくれるをだを,[寛]つくれるをたを,
はむからす[寛],
まなぶたはれて,[寛]まなふたはれて,
はたほこにをり[寛],

巻数

第16巻

作者

高宮王

タイトルとURLをコピーしました