万葉集3876番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3876番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3876番について

歌番号

3876番

原文

豊國|企玖乃池奈流|菱之宇礼乎|採跡也妹之|御袖所沾計武

訓読

豊国の企救の池なる菱の末を摘むとや妹がみ袖濡れけむ

かな読み

とよくにの|きくのいけなる|ひしのうれを|つむとやいもが|みそでぬれけむ

カタカナ読み

トヨクニノ|キクノイケナル|ヒシノウレヲ|ツムトヤイモガ|ミソデヌレケム

ローマ字読み|大文字

TOYOKUNINO|KIKUNOIKENARU|HISHINOREO|TSUMUTOYAIMOGA|MISODENUREKEMU

ローマ字読み|小文字

toyokunino|kikunoikenaru|hishinoreo|tsumutoyaimoga|misodenurekemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|福岡|採菱|労働|民謡|地名

校異

特に無し

寛永版本

とよくにの[寛],
きくのいけなる[寛],
ひしのうれを[寛],
つむとやいもが,[寛]つむとやいもか,
みそでぬれけむ,[寛]みそてぬれけむ,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました