万葉集3889番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3889番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3889番について

歌番号

3889番

原文

人魂乃|佐青有<公>之|但獨|相有之雨夜<乃>|葉非左思所念

訓読

人魂のさ青なる君がただひとり逢へりし雨夜の葉非左し思ほゆ

かな読み

ひとたまの|さをなるきみが|ただひとり|あへりしあまよの|***しおもほゆ

カタカナ読み

ヒトタマノ|サヲナルキミガ|タダヒトリ|アヘリシアマヨノ|***シオモホユ

ローマ字読み|大文字

HITOTAMANO|SAONARUKIMIGA|TADAHITORI|AHERISHIAMAYONO|***SHIOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

hitotamano|saonarukimiga|tadahitori|aherishiamayono|***shiomohoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|難訓|恐怖|宴席|誦詠

校異

君->公【類】【古】【紀】|->乃【尼】【類】【古】

寛永版本

ひとたまの[寛],
さをなるきみが,[寛]さをなるきみか,
ただひとり,[寛]たたひとり,
あへりしあまよの,[寛]あへりしあまよは,
***しおもほゆ,[寛]ひさしとそおもふ,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました