万葉集3815番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3815番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3815番について

歌番号

3815番

原文

白玉之|緒絶者信|雖然|其緒又貫|人持去家有

訓読

白玉の緒絶えはまことしかれどもその緒また貫き人持ち去にけり

かな読み

しらたまの|をだえはまこと|しかれども|そのをまたぬき|ひともちいにけり

カタカナ読み

シラタマノ|ヲダエハマコト|シカレドモ|ソノヲマタヌキ|ヒトモチイニケリ

ローマ字読み|大文字

SHIRATAMANO|ODAEHAMAKOTO|SHIKAREDOMO|SONOMATANUKI|HITOMOCHIINIKERI

ローマ字読み|小文字

shiratamano|odaehamakoto|shikaredomo|sonomatanuki|hitomochiinikeri

左注|左註

右傳云|時有娘子|夫君見棄改適他氏也|于時或有壮士|不知改適此歌贈|遣請誂於女之父母者|於是父母之意壮士未聞委曲之旨|乃作彼歌報送以顕改適之縁也

事項|分類・ジャンル

雑歌|譬喩|歌物語|伝承|恋愛|贈答

校異

歌【西】謌|歌【西】謌|縁也【尼】【類】【古】【細】(塙)縁

寛永版本

しらたまの[寛],
をだえはまこと,[寛]をたえはまこと,
しかれども,[寛]しかれとも,
そのをまたぬき[寛],
ひともちいにけり,[寛]ひともていにけり,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました