万葉集3790番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3790番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3790番について

歌番号

3790番

原文

足曳之|玉イ之兒|如今日|何隈乎|見管来尓監|[三]

訓読

あしひきの玉縵の子今日のごといづれの隈を見つつ来にけむ|[三]

かな読み

あしひきの|たまかづらのこ|けふのごと|いづれのくまを|みつつきにけむ

カタカナ読み

アシヒキノ|タマカヅラノコ|ケフノゴト|イヅレノクマヲ|ミツツキニケム

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|TAMAKAZURANOKO|KEFUNOGOTO|IZURENOKUMAO|MITSUTSUKINIKEMU

ローマ字読み|小文字

ashihikino|tamakazuranoko|kefunogoto|izurenokumao|mitsutsukinikemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|枕詞植物|歌物語|物語|三男一女|悲嘆|恋愛

校異

玉【万葉集童蒙抄】(塙)(楓)山

寛永版本

あしひきの[寛],
たまかづらのこ,[寛]たまかつらのこ,
けふのごと,[寛]けふのこと,
いづれのくまを,[寛]いつれのくまを,
みつつきにけむ[寛],

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました