万葉集3851番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3851番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3851番について

歌番号

3851番

原文

心乎之|無何有乃郷尓|置而有者|藐狐射能山乎|見末久知香谿務

訓読

心をし無何有の郷に置きてあらば藐孤射の山を見まく近けむ

かな読み

こころをし|むがうのさとに|おきてあらば|はこやのやまを|みまくちかけむ

カタカナ読み

ココロヲシ|ムガウノサトニ|オキテアラバ|ハコヤノヤマヲ|ミマクチカケム

ローマ字読み|大文字

KOKOROSHI|MUGAUNOSATONI|OKITEARABA|HAKOYANOYAMAO|MIMAKUCHIKAKEMU

ローマ字読み|小文字

kokoroshi|mugaunosatoni|okitearaba|hakoyanoyamao|mimakuchikakemu

左注|左註

右歌一首

事項|分類・ジャンル

雑歌|荘子|遁世|無心

校異

特に無し

寛永版本

こころをし[寛],
むがうのさとに,[寛]ふかうのさとに,
おきてあらば,[寛]おきたらは,
はこやのやまを[寛],
みまくちかけむ[寛],

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました