万葉集3888番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3888番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3888番について

歌番号

3888番

原文

奥國|領君之|<柒>屋形|黄<柒>乃屋形|神之門<渡>

訓読

沖つ国うしはく君の塗り屋形丹塗りの屋形神の門渡る

かな読み

おきつくに|うしはくきみの|ぬりやかた|にぬりのやかた|かみのとわたる

カタカナ読み

オキツクニ|ウシハクキミノ|ヌリヤカタ|ニヌリノヤカタ|カミノトワタル

ローマ字読み|大文字

OKITSUKUNI|USHIHAKUKIMINO|NURIYAKATA|NINURINOYAKATA|KAMINOTOWATARU

ローマ字読み|小文字

okitsukuni|ushihakukimino|nuriyakata|ninurinoyakata|kaminotowataru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|宴席|恐怖|異界|誦詠

校異

染->柒(塙)|涙->渡【尼】【紀】

寛永版本

おきつくに[寛],
うしはくきみの,[寛]しらせしきみか,
ぬりやかた,[寛]そめやかた,
にぬりのやかた,[寛]きそめのやかた,
かみのとわたる[寛],

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました