万葉集3884番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3884番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3884番について

歌番号

3884番

原文

伊夜彦|神乃布本|今日良毛加|鹿乃伏<良>武|皮服著而|角附奈我良

訓読

弥彦神の麓に今日らもか鹿の伏すらむ皮衣着て角つきながら

かな読み

いやひこ|かみのふもとに|けふらもか|しかのふすらむ|かはころもきて|つのつきながら

カタカナ読み

イヤヒコ|カミノフモトニ|ケフラモカ|シカノフスラム|カハコロモキテ|ツノツキナガラ

ローマ字読み|大文字

IYAHIKO|KAMINOFUMOTONI|KEFURAMOKA|SHIKANOFUSURAMU|KAHAKOROMOKITE|TSUNOTSUKINAGARA

ローマ字読み|小文字

iyahiko|kaminofumotoni|kefuramoka|shikanofusuramu|kahakoromokite|tsunotsukinagara

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|越後|新潟|仏足石歌体|神事|歌謡

校異

->良【西(左書)】【尼】【紀】【温】

寛永版本

いやひこ,[寛]いやひこの,
かみのふもとに[寛],
けふらもか[寛],
しかのふすらむ[寛],
かはころもきて,[寛]かはのきぬきて,
つのつきながら,[寛]つのつきなから,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました