万葉集3462番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3462番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3462番について

歌番号

3462番

原文

安志比奇乃|夜末佐波妣登乃|比登佐波尓|麻奈登伊布兒我|安夜尓可奈思佐

訓読

あしひきの山沢人の人さはにまなと言ふ子があやに愛しさ

かな読み

あしひきの|やまさはびとの|ひとさはに|まなといふこが|あやにかなしさ

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマサハビトノ|ヒトサハニ|マナトイフコガ|アヤニカナシサ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMASAHABITONO|HITOSAHANI|MANATOIFUKOGA|AYANIKANASHISA

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamasahabitono|hitosahani|manatoifukoga|ayanikanashisa

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あしひきの[寛],
やまさはびとの,[寛]やまさはひとの,
ひとさはに[寛],
まなといふこが,[寛]まなといふこか,
あやにかなしさ[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました