万葉集3488番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3488番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3488番について

歌番号

3488番

原文

於布之毛等|許乃母登夜麻乃|麻之波尓毛|能良奴伊毛我名|可多尓伊弖牟可母

訓読

生ふしもとこの本山のましばにも告らぬ妹が名かたに出でむかも

かな読み

おふしもと|このもとやまの|ましばにも|のらぬいもがな|かたにいでむかも

カタカナ読み

オフシモト|コノモトヤマノ|マシバニモ|ノラヌイモガナ|カタニイデムカモ

ローマ字読み|大文字

OFUSHIMOTO|KONOMOTOYAMANO|MASHIBANIMO|NORANUIMOGANA|KATANIIDEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

ofushimoto|konomotoyamano|mashibanimo|noranuimogana|kataniidemukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|尫柜蹋|植物|不安|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

おふしもと[寛],
このもとやまの[寛],
ましばにも,[寛]ましはにも,
のらぬいもがな,[寛]のらぬいもかな,
かたにいでむかも,[寛]かたにいてむかも,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました