万葉集3453番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3453番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3453番について

歌番号

3453番

原文

可是<能>等能|登抱吉和伎母賀|吉西斯伎奴|多母登乃久太利|麻欲比伎尓家利

訓読

風の音の遠き我妹が着せし衣手本のくだりまよひ来にけり

かな読み

かぜのとの|とほきわぎもが|きせしきぬ|たもとのくだり|まよひきにけり

カタカナ読み

カゼノトノ|トホキワギモガ|キセシキヌ|タモトノクダリ|マヨヒキニケリ

ローマ字読み|大文字

KAZENOTONO|TOHOKIWAGIMOGA|KISESHIKINU|TAMOTONOKUDARI|MAYOHIKINIKERI

ローマ字読み|小文字

kazenotono|tohokiwagimoga|kiseshikinu|tamotonokudari|mayohikinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|雑歌|枕詞|羈旅|望郷

校異

乃->能【元】【類】

寛永版本

かぜのとの,[寛]かせのとの,
とほきわぎもが,[寛]とほきわきもか,
きせしきぬ[寛],
たもとのくだり,[寛]たもとのくたり,
まよひきにけり[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました