万葉集3397番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3397番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3397番について

歌番号

3397番

原文

比多知奈流|奈左可能宇美乃|多麻毛許曽|比氣波多延須礼|阿杼可多延世武

訓読

常陸なる浪逆の海の玉藻こそ引けば絶えすれあどか絶えせむ

かな読み

ひたちなる|なさかのうみの|たまもこそ|ひけばたえすれ|あどかたえせむ

カタカナ読み

ヒタチナル|ナサカノウミノ|タマモコソ|ヒケバタエスレ|アドカタエセム

ローマ字読み|大文字

HITACHINARU|NASAKANOMINO|TAMAMOKOSO|HIKEBATAESURE|ADOKATAESEMU

ローマ字読み|小文字

hitachinaru|nasakanomino|tamamokoso|hikebataesure|adokataesemu

左注|左註

右十首常陸國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|茨城県|地名|北浦|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ひたちなる[寛],
なさかのうみの[寛],
たまもこそ[寛],
ひけばたえすれ,[寛]ひけはたえすれ,
あどかたえせむ,[寛]あとかたえせむ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました