万葉集3350番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3350番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3350番について

歌番号

3350番

原文

筑波祢乃|尓比具波麻欲能|伎奴波安礼杼|伎美我美家思志|安夜尓伎保思母

訓読

筑波嶺の新桑繭の衣はあれど君が御衣しあやに着欲しも

かな読み

つくはねの|にひぐはまよの|きぬはあれど|きみがみけしし|あやにきほしも

カタカナ読み

ツクハネノ|ニヒグハマヨノ|キヌハアレド|キミガミケシシ|アヤニキホシモ

ローマ字読み|大文字

TSUKUHANENO|NIHIGUHAMAYONO|KINUHAAREDO|KIMIGAMIKESHISHI|AYANIKIHOSHIMO

ローマ字読み|小文字

tsukuhaneno|nihiguhamayono|kinuhaaredo|kimigamikeshishi|ayanikihoshimo

左注|左註

或本歌曰|多良知祢能|又云|安麻多伎保思母|右二首常陸國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|茨城県|筑波山|地名恋愛|新婚|婚姻

校異

特に無し

寛永版本

つくはねの[寛],
にひぐはまよの,[寛]にひくはまゆの,
きぬはあれど,[寛]きぬはあれと,
きみがみけしし,[寛]きみかみけしし,
あやにきほしも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました