万葉集2497番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2497番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

万葉集2497番について

歌番号

2497番

原文

早人|名負夜音|灼然|吾名謂|攦恃

訓読

隼人の名に負ふ夜声のいちしろく我が名は告りつ妻と頼ませ

かな読み

はやひとの|なにおふよごゑの|いちしろく|わがなはのりつ|つまとたのませ

カタカナ読み

ハヤヒトノ|ナニオフヨゴヱノ|イチシロク|ワガナハノリツ|ツマトタノマセ

ローマ字読み|大文字

HAYAHITONO|NANIOFUYOGOENO|ICHISHIROKU|WAGANAHANORITSU|TSUMATOTANOMASE

ローマ字読み|小文字

hayahitono|naniofuyogoeno|ichishiroku|waganahanoritsu|tsumatotanomase

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|序詞|薩摩|地名|露見|恋情|女歌|名告り

校異

特に無し

寛永版本

はやひとの[寛],
なにおふよごゑの,[寛]なにおふよこゑ,
いちしろく[寛],
わがなはのりつ,[寛]わかなをいはし,
つまとたのませ,[寛]つまとたのまむ,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました