万葉集2755番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2755番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2755番について

歌番号

2755番

原文

淺茅原|苅標刺而|空事文|所縁之君之|辞鴛鴦将待

訓読

浅茅原刈り標さして空言も寄そりし君が言をし待たむ

かな読み

あさぢはら|かりしめさして|むなことも|よそりしきみが|ことをしまたむ

カタカナ読み

アサヂハラ|カリシメサシテ|ムナコトモ|ヨソリシキミガ|コトヲシマタム

ローマ字読み|大文字

ASAJIHARA|KARISHIMESASHITE|MUNAKOTOMO|YOSORISHIKIMIGA|KOTOSHIMATAMU

ローマ字読み|小文字

asajihara|karishimesashite|munakotomo|yosorishikimiga|kotoshimatamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|尫柜蹋|女歌|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

あさぢはら,[寛]あさちはら,
かりしめさして[寛],
むなことも,[寛]そらことも,
よそりしきみが,[寛]よせてしきみか,
ことをしまたむ[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました