万葉集2647番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2647番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2647番について

歌番号

2647番

原文

東細布|従空延越|遠見社|目言踈良米|絶跡間也

訓読

手作りを空ゆ引き越し遠みこそ目言離るらめ絶ゆと隔てや

かな読み

てづくりを|そらゆひきこし|とほみこそ|めことかるらめ|たゆとへだてや

カタカナ読み

テヅクリヲ|ソラユヒキコシ|トホミコソ|メコトカルラメ|タユトヘダテヤ

ローマ字読み|大文字

TEZUKURIO|SORAYUHIKIKOSHI|TOHOMIKOSO|MEKOTOKARURAME|TAYUTOHEDATEYA

ローマ字読み|小文字

tezukurio|sorayuhikikoshi|tohomikoso|mekotokarurame|tayutohedateya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

序詞|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

てづくりを,[寛]よこくもの,
そらゆひきこし,[寛]そらにひきこす,
とほみこそ[寛],
めことかるらめ,[寛]まことうとからめ,
たゆとへだてや,[寛]たゆとへたつや,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました