万葉集2604番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2604番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2604番について

歌番号

2604番

原文

念出而|哭者雖泣|灼然|人之可知|嘆為勿謹

訓読

思ひ出でて音には泣くともいちしろく人の知るべく嘆かすなゆめ

かな読み

おもひいでて|ねにはなくとも|いちしろく|ひとのしるべく|なげかすなゆめ

カタカナ読み

オモヒイデテ|ネニハナクトモ|イチシロク|ヒトノシルベク|ナゲカスナユメ

ローマ字読み|大文字

OMOHIIDETE|NENIHANAKUTOMO|ICHISHIROKU|HITONOSHIRUBEKU|NAGEKASUNAYUME

ローマ字読み|小文字

omohiidete|nenihanakutomo|ichishiroku|hitonoshirubeku|nagekasunayume

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

女歌

校異

特に無し

寛永版本

おもひいでて,[寛]おもひてて,
ねにはなくとも[寛],
いちしろく[寛],
ひとのしるべく,[寛]ひとのしるへく,
なげかすなゆめ,[寛]なけきすなゆめ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました