万葉集2658番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2658番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2658番について

歌番号

2658番

原文

天雲之|八重雲隠|鳴神之|音<耳尓>八方|聞度南

訓読

天雲の八重雲隠り鳴る神の音のみにやも聞きわたりなむ

かな読み

あまくもの|やへくもがくり|なるかみの|おとのみにやも|ききわたりなむ

カタカナ読み

アマクモノ|ヤヘクモガクリ|ナルカミノ|オトノミニヤモ|キキワタリナム

ローマ字読み|大文字

AMAKUMONO|YAHEKUMOGAKURI|NARUKAMINO|OTONOMINIYAMO|KIKIWATARINAMU

ローマ字読み|小文字

amakumono|yahekumogakuri|narukamino|otonominiyamo|kikiwatarinamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

序詞|尫柜蹋|女歌

校異

尓耳->耳尓【嘉】【類】

寛永版本

あまくもの[寛],
やへくもがくり,[寛]やへくもかくれ,
なるかみの[寛],
おとのみにやも,[寛]おとにのみやも,
ききわたりなむ[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました