万葉集2404番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2404番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2404番について

歌番号

2404番

原文

思依|見依|物有|一日間|忘念

訓読

思ひ寄り見ては寄りにしものにあれば一日の間も忘れて思へや

かな読み

おもひより|みてはよりにし|ものにあれば|ひとひのあひだも|わすれておもへや

カタカナ読み

オモヒヨリ|ミテハヨリニシ|モノニアレバ|ヒトヒノアヒダモ|ワスレテオモヘヤ

ローマ字読み|大文字

OMOHIYORI|MITEHAYORINISHI|MONONIAREBA|HITOHINOAHIDAMO|WASURETEOMOHEYA

ローマ字読み|小文字

omohiyori|mitehayorinishi|mononiareba|hitohinoahidamo|wasureteomoheya

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情

校異

特に無し

寛永版本

おもひより,[寛]おもふより,
みてはよりにし,[寛]みるよりものは,
ものにあれば,[寛]あるものを,
ひとひのあひだも,[寛]ひとひへたつる,
わすれておもへや,[寛]わするとおもふな,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました